*

初値予想

オークネット初値予想、中古車・バイク・ブランド品オークション

投稿日:

オークネット

3月29日、東証一部にオークネットが新規上場する。公開価格は1100円、IPO関係者によるオークネット初値予想は公開価格を30%~40%上回る水準を想定、1500円程度を期待できそうだ。オークネットはグループ企業15社で構成されており、中古車、中古スマートフォン、中古PCなどデジタル商品、中古バイク、ブランド品のオークションを事業の柱としている。

主力の中古車市場は平成7年から平成16年にかけて市場規模が2倍に膨らんでいる成長市場でしたが、平成17年以降は中古車流通市場が縮小に変わり、旧オークネットがオークション通信手段をインターネットと通信衛星に平成19年から約5億円掛けて移行。

オークネット中古車オークション




オークネット(3964)
上場日 3月29日 市場 未定 公募(新株発行) 700,000
上場承認日 2月23日 仮条件 3月9日 公募(自己株式の処分) 1,500,000
公開価格 1100 決定日 3月17日 売出し株数 2,620,000
初値 騰落率 OA 723,000
主幹事 野村證券 BB期間 3月10日-3月16日
事業内容:インターネットを利用したオークションの主催および運営等の情報流通支援サービス事業 申込期間 3月21日-3月24日

幹事証券

引受株式数
野村證券 1,525,200
みずほ証券 265,100
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 168,700
エース証券 96,400
いちよし証券 96,400
マネックス証券 48,200
2,200,000

企業沿革

当社(形式上の存続会社)の旧オークネットとの合併までの沿革は、以下のとおりであります。

年  月

概  要

平成20年3月

MBOを目的として、アイ・ディー・エス・ピー株式会社(当社)を東京都千代田区三番町に設立。

平成20年8月

当社による旧オークネットの株式の公開買付を実施し、当社は、94.8%を取得。

平成20年10月

当社が旧オークネットを完全子会社化。

平成24年1月

旧オークネットを吸収合併消滅会社、当社を吸収合併存続会社とする合併を行うとともに、社名を株式会社オークネットに変更。

 

旧オークネット(実質上の存続会社)の沿革は、以下のとおりであります。

年  月

概  要

昭和59年3月

中古車TVオークションを主催する目的として、株式会社エフティーエスを東京都港区北青山に設立。

昭和59年9月

株式会社オークネットに社名変更。

昭和59年11月

レーザーディスク方式によるテレビオークションシステムを発表し、会員募集を開始。

昭和60年1月

財務体質の強化のため、株式会社オリエントファイナンス(現 株式会社オリエントコーポレーション)と資本提携。

昭和60年6月

関東甲信及び中部地区をネットワークとするTVオートオークション(TVAA)を会員数560社にて開始。

昭和63年1月

全国ネットワークを構築するため、社団法人日本中古自動車販売協会連合会と提携。

平成元年8月

衛星通信テレビオークションシステムへ移行し、アナウンサーによる実況中継や動画による出品を実現。

平成2年1月

財務体質の強化及び経営の効率化のため、形式上の存続会社である株式会社フレックスオート商事と合併。

平成3年9月

社団法人日本証券業協会に株式を店頭売買銘柄として登録。

平成5年6月

事業基盤強化のため、中古バイクテレビオークションを開始。

平成8年9月

中古車流通の信頼性向上のため、検査専門子会社として株式会社オークネット・インスペクション・サービス(現 株式会社AIS)を設立。

平成9年12月

事業基盤強化のため、切花テレビオークションを開始。

平成12年5月

東京証券取引所市場第一部に株式を上場。

平成12年12月

検査事業での連携強化を図るため、株式会社オークネット・インスペクション・サービス(現 株式会社AIS)へ株式会社トヨタユーゼック、株式会社ホンダユーテックが出資。

平成13年1月

事業基盤の強化のため、株式会社シーエーエーの業務提携を皮切りにし、オークション実況中継サービスのライブオークションを開始。

平成13年4月

東京都千代田区三番町に本社を移転。

平成13年9月

中古車テレビオークションにおいて落札代行サービスを展開するため、子会社として株式会社アイオークを設立。

平成14年3月

検査事業での連携強化を図るため、子会社株式会社オークネット・インスペクション・サービス(現 株式会社AIS)へ株式会社日産ユーズドカーセンターが出資。

平成14年6月

自動車部品用品卸販売を展開するため、子会社として株式会社ランマートを設立。

 

 

年  月

概  要

平成15年3月

株式会社オークネット・インスペクション・サービス(現 株式会社AIS)、株式会社トヨタユーゼック、株式会社ホンダユーテック及び株式会社日産ユーズドカーが共同して中古車の統一検査基準を策定。

平成15年8月

中古車業界での認知度向上のため、株式会社オークネット・インスペクション・サービスを株式会社オートモビル・インスペクション・システムに社名変更。(現 株式会社AIS)

平成16年11月

システムの利便性の向上やサービス商品拡充のため、花きオークションにおいて衛星通信によるオークションシステムから、インターネットを利用したオークションシステムであるブロードバンドフラワーオークションへ移管。

平成17年3月

事業基盤強化を図るため、Blancco Oy Ltd(以下、「ブランコ社」という。)と国内独占販売権契約を締結し、PCのデータ消去ソフト販売事業を開始。

平成17年11月

事業基盤強化のため、中古PCの業者間オークション「PC αオークション」を開始。

平成17年12月

検査事業での連携強化を図るため、株式会社オートモビル・インスペクション・システム(現 株式会社AIS)へマツダ中販株式会社、スバルユーアイ株式会社が出資。

平成18年5月

システムの利便性の向上やサービス商品拡充のため、中古バイクオークションにてインターネットオークションを開始。

平成18年11月

取扱商材拡大のため、花きオークションにおいて鉢物専用のリアルタイムオークションを開始。

平成19年5月

四輪会員向けのサービス拡充の一環として、一般消費者向けに中古車情報検索サイト「オークネット.jp」を開始。

平成20年5月

システムの利便性の向上やサービス商品拡充のため、通信衛星方式のオークションからインターネットオークションへ移行完了。

平成20年8月

アイ・ディー・エス・ピー株式会社(現 当社)による旧オークネットの株式の公開買付を実施し、当社は、同社の発行済株式総数の94.8%を取得。

平成20年9月

事業基盤強化のため、ブランド品のリアルタイムオークションを開始。

平成20年10月

東京証券取引所市場第一部上場廃止。

アイ・ディー・エス・ピー株式会社(現 当社)が、旧オークネットを完全子会社化。

平成22年3月

事業基盤強化のためブランコ社と共同出資により、株式会社ブランコ・ジャパンを設立し、国内及びアジアへのデータ消去ソフト販売を強化。

平成22年4月

中古バイクオークションにおいて、流通台数の拡大を目的として、全国オートバイ協同組合連合会と業務提携契約を締結。

中古PC取扱い会員向けのサービス拡充の一環として、中古PCのリアルタイムオークション「PCリアル」を開始。

平成23年7月

中古車オークション関連の営業強化のために、株式会社オークネット・セールスアンドサポートを設立。

平成23年11月

事業基盤強化のため、株式会社オークネットメディカルを設立し、中古医療機器のリアルタイムオークションを開始。

平成24年1月

旧オークネットを吸収合併消滅会社、アイ・ディー・エス・ピー株式会社(現 当社)を吸収合併存続会社とする合併を行うとともに、社名を株式会社オークネットに変更。

 

 

旧オークネットとの合併後の当社の沿革は次のとおりであります。

年  月

概  要

平成24年1月

取扱商材拡大のため、中古モバイル機器のリアルタイムオークション「モバイルオークション」を開始。

平成24年3月

情報セキュリティや個人情報保護の強化のために、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001:2005」(現ISO/IEC 27001:2013)及び国内企画「JIS Q 27001:2006」(現JIS Q 27001:2014)を取得。

平成24年7月

海外事業展開の戦略的拠点として、香港にAUCNET HK LIMITEDを設立。

平成24年11月

事業基盤強化のため、株式会社オークネットメディカルを株式会社オークネットメディカル&デジタルプロダクツに社名変更し、デジタル機器のリアルタイムオークションを開始。

平成25年3月

事業基盤強化のため、スマホデータ消去関連ビジネスを開始し、物流センターとして品川区西大井へADP西大井センターを設立。

平成25年6月

フィナンシャルサービス強化のため、株式会社オーク・フィナンシャル・パートナーズを設立。

平成25年10月

東京都港区北青山に本社を移転。

平成26年3月

事業拡大のため、株式会社オークネットメディカル&デジタルプロダクツの医療事業を、設立した株式会社オークネットメディカルに移管。

平成26年4月

中古車業界や一般消費者向けの認知度向上のため、株式会社オートモビル・インスペクョン・システムを株式会社AISへ社名変更。

平成26年5月

株式会社オークネットメディカル&デジタルプロダクツの社名を株式会社オークネットデジタルプロダクツへ変更。

平成27年1月

事業の拡大及び多角化に伴い迅速な意思決定を行い、更なる運営体制の強化を目的とし、新たに子会社を設立。

・株式会社オークネット・モーターサイクル

・株式会社オークネット・アグリビジネス

・株式会社オークネット・コンシューマープロダクツ

・株式会社オークネット・アイビーエス

平成27年7月

事業基盤の強化のため、日本ビジネステレビジョン株式会社(現 JBTV株式会社)を株式交換により完全子会社化。

平成27年9月

海外事業展開の戦略的拠点として、米国にAucnet USA,LLC.を設立。

平成27年10月

米国における事業基盤強化のため、Aucnet USA,LLC.がPrint Vision Inc.を買収により完全子会社化。

平成28年1月

日本ビジネステレビジョン株式会社からJBTV株式会社へ社名変更。

平成28年2月

株式会社オークネット・コンシューマープロダクツが株式会社アートネックスを吸収合併。

平成28年3月

取締役会の監督機能の強化、経営に関する意思決定の迅速化を図るため、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行。

 

-初値予想
-, , ,

Copyright© IPO初値予想 , 2018 AllRights Reserved.