*

ニュース

エスユーエス株価反発のチャンス、技術者派遣4拠点を新設

投稿日:

エスユーエス成長可能性に関する説明資料

2017年9月13日に東証マザーズへIPOとなったエスユーエス(6554)株価が、上場から初値形成後の株価下落となっている。連日の値下がりで安値更新、先週末は初値比1300円安の3680円まで売られた。

エスユーエスはIT分野、機械分野、バイオ分野など専門性の高い人材派遣を行う、人手不足解消に需要が高まる業種で、2012年3月からはソーシャルゲームアプリ開発にも事業参入している。2017年4月には人口知能「朱雀」を開発。

AIを活用した人材紹介サービス、就労移行支援事業、技術者派遣事業のほかにもコンサルティングサービスも兼ねている。

エスユーエスは2019年9月期までに、4か所の営業拠点を新設するという。東京、名古屋、横浜など現在7拠点から、自動車業界からの需要拡大を見込んで4か所増やす計画。

エスユーーエス成長可能性に関する説明資料

エスユーエス初値予想コンセンサス届かず公開価格の2.16倍

エスユーエス東証マザーズ上場承認、初値は公開価格の2倍期待

-ニュース
-

Copyright© IPO初値予想 , 2018 AllRights Reserved.