*

ニュース

レオスキャピタルワークス上場中止「ひふみ投信」の運用会社

投稿日:

レオスキャピタルワークス上場手続きの延期を発表

ひふみ投信レオスキャピタル

個人投資家に人気の高いカリスマファンドマネージャー藤野英人氏が代表取締役社長のレオスキャピタルワークスは2018年12月25日に、東証マザーズ市場へIPO予定となっていた。

12月20日、レオスキャピタルワークスは取締役会で「募集株式発行及び株式売出しの中止に関する取締役会決議のお知らせ」を開示した。これにより12月25日に上場予定だったが上場中止することとなった。



ニュースリリースでは

ニュースリリース2018.12.20

平成30年11月19日及び平成30年12月4日開催の当社取締役会において、当社普通株式の東京証券取引所マザーズ市場への上場に伴う募集株式発行及び株式売出しについて決議いたしましたが、当社のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性について投資家保護の観点から深掘りすべき事項が発生し、平成30年12月20日開催の当社取締役会において、当該深掘りに時間を要するものと判断したことから、募集株式発行並びに株式売出しと、それに伴う上場手続きの延期を決議いたしましたので、お知らせ申し上げます。

なお、今後の上場手続きの再開時期につきましては、当該深掘り事案の結果を踏まえ、状況を慎重に見極めたうえで総合的に判断する予定です。
レオスキャピタルワークス上場中止
https://www.rheos.jp/information/news/2018/20181220.html

レオスキャピタルワークス上場承認、ひふみ投信運用会社

-ニュース
-, ,

Copyright© IPO初値予想 , 2020 AllRights Reserved.