*

初値予想

ソウルドアウト初値予想コンセンサス成長性高いネットビジネス評価

投稿日:

ソウルドアウト初値予想コンセンサス

7月12日、東証マザーズ市場にソウルドアウト(6553)が新規上場する、公開価格1200円は、仮条件1080円~1200円の上限で決まった。上場前の人気は高くWEBマーケティング、IT支援化、人材支援サービスに加え、東証一部上場企業オプト(2389)が親会社ということも信用アップ材料となる。

東証マザーズ新規上場としては公開規模が大きく、公募41万株、売出191万4000株、オーバーアロットメントによる売出し34万8600株、新規株式公開による資金調達額は32億円超となる。一般的に公開規模30億円を超えると、初値が公開価格を下回るケースが多いが、今回はベンチャーキャピタル保有株が無く売り圧力が少ないために堅調な初値が予想される。




ソウルドアウト初値予想コンセンサスは、IPO市場関係者によると公開価格1200円に対して67%上回る2000円とのこと。事業内容がネットビジネスで投資家に人気が高まりやすい案件、直前のIPOから1週間程度の空白期間からIPO向けの投資資金と投資意欲が旺盛と想定される。

セカンダリー投資は、初値が思ったより高くなかった場合や、上場から少し落ち着き売り一巡してから参戦することが望ましいと考えられる。親会社がオプト、取引先パートナーにヤフージャパン、電通、百度があることは成長性が極めて高いと感じられるからだ。

ソウルドアウトIPO

ソウルドアウトSOLDOUT初値予想、IPO購入方法は積極的の新規上場

ソウルドアウト初値予想オプト子会社ヤフー、百度(バイドゥ)業務提携

-初値予想
-, ,

Copyright© IPO初値予想 , 2018 AllRights Reserved.