*

ニュース

エスキュービズム上場延期、2016年12月ZMP上場中止以来の事

投稿日:

エスキュービズム上場中止

エスキュービズム上場承認取り消し
エスキュービズム上場中止

3月22日に東証マザーズ市場へ新規上場予定だったエスキュービズムが3月10日、東証に上場を取りやめる旨の申し出をしたことがわかった。東京証券取引所は2017年3月10日付けでエスキュービズム上場承認取り消しを発表している。

現在のところエスキュービズム上場延期なのか上場中止なのか詳細はわからないが、一部の報道では「重要な確認事項が発生、時間が間に合わない」という理由で上場を取りやめるとしたようだ。現時点3月10日午後11時時点でS-cubismホームページには(http://s-cubism.jp/)上場中止、上場延期などのリリースは開示されていない。

エスキュービズム上場に関する主幹事証券はみずほ証券、公募10万株、売出し25万株、オムニチャネルプラットホームの構築、家電製造販売、中古車販売を営み、IoTインテグレーション領域など注目度の高いIPO案件だった。

直近では2016年12月にZMPが顧客情報流出が理由で東証マザーズ市場への新規上場を延期・中止した以来の事となる。当時は自動運転技術・ロボットベンチャーということで株式市場では大変な注目IPOとされていたのに、顧客情報流出を再び起こさないよう社内教育の徹底と情報セキュリティの徹底をするのに時間が掛かるということだった。

エスキュービズム(3982) 2017年3月10日 上場承認取り消し・上場中止
上場日 3月22日 市場 マザーズ 公募 100,000
上場承認日 2月16日 仮条件 3月1日 売出し株数 250,000
公開価格 決定日 3月10日 OA 52,500
初値 騰落率 BB期間 3月3日-3月9日
主幹事 みずほ証券 申込期間 3月13日-3月16日
事業内容:オムニチャネルプラットフォームの構築、家電製造販売、中古車販売




参考ほぼ日(3560)上場承認、糸井重里社長が有名3月16日ジャスダック上場
参考スシローグローバルホールディングス初値予想、大型IPOで話題性は
参考テモナ新規上場、初値予想は公開価格の2~3倍でIPO積極申し込み
参考IPOスケジュール2017年|新規上場会社情報

ZMP上場延期を発表、東京証券取引所も新規上場の承認取り消し発表

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© IPO初値予想 , 2018 AllRights Reserved.