*

上場承認

ソウルドアウトSOLDOUT初値予想、IPO購入方法は積極的の新規上場

更新日:

ソウルドアウトIPO情報

ソウルドアウト(6553)新規上場承認が東京証券取引所から6月6日引け後に発表された。IPO投資情報関係者からは「SOLDOUT初値予想は期待度が高い」と早くも注目の新規公開株が話題になっている。

ソウルドアウトは東証一部上場企業オプトホールディングス(2389)の子会社で、オプトはネット広告専業代理店で業界第2位の大手。ソウルドアウトはオプトから60.64%の資本を受けており、業務提携しているヤフー(4689)からは30.41%の資本を受け入れている。大手企業からの出資があることで信用度が高いメリット、営業戦略、販路拡大、技術や人脈などの強みを生かせる。




SOLDOUT初値予想と公開価格

ソウルドアウト初値予想はIPO関係者から既に大きな注目と話題となっており、公開価格を大幅に上回るパフォーマンスとなろう。想定発行価格1080円で、仮条件はおそらく1割増しの1200円から1350円あたりで公開価格が決まると想定される。

公開規模が30億円を超えるとなれば、初値は2倍~3倍と高騰しないが、上場初日に初値が付けばセカンダリー投資妙味が高そうである。幹事証券は三菱UFJモルガン・スタンレー証券で、公募410,000株、売出1,914,000株、OA(オーバーアロットメント)による売出し348,600株と公開規模は28億円~30億円規模の中型サイズとなる。

IPO購入方法は幹事証券の三菱UFJモルガン・スタンレーでの当選率が一番高く、オンライン証券ではSBI証券、松井証券、マネックス証券などから申し込みが可能となっている。

ソウルドアウトIPO初値予想

幹事証券

引受株式数
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 1,600,500
いちよし証券 162,600
SMBC日興証券 81,300
SBI証券 23,200
松井証券 23,200
マネックス証券 23,200
1,914,000

ソウルドアウト企業沿革

平成21年12月 東京都千代田区神田錦町にソウルドアウト株式会社として資本金10万円で設立
名古屋営業所を愛知県名古屋市中区栄に開設
福岡営業所を福岡県福岡市中央区天神に開設
平成22年2月 資本金を888万円に増資、営業開始
平成23年2月 横浜営業所を神奈川県横浜市西区岡野に開設
大宮営業所を埼玉県さいたま市大宮区桜木町に開設
平成23年3月 新潟営業所を新潟県新潟市中央区花園に開設
静岡営業所を静岡県静岡市葵区栄町に開設
平成23年7月 大阪営業所を大阪府大阪市北区堂島に開設
平成24年1月 福井営業所を福井県福井市中央に開設
平成24年3月 株式会社オプト(現株式会社オプトホールディング)より、株式会社サーチライフの全株式を取得し子会社化
平成24年10月 神戸営業所を兵庫県神戸市中央区御幸通に開設
平成25年4月 資本金を5,000万円に増資
マーケティング・テクノロジー事業分野の体制強化を目的に株式会社テクロコを設立
平成25年6月 株式会社サーチライフがヤフー株式会社に第三者割当増資を実施
平成25年10月 札幌営業所を北海道札幌市中央区南1条西に開設
平成25年11月 地方企業への販促サービス提供を目的に、株式会社電通デジタル・ネットワークスへ資本参加
平成26年2月 本社を東京都千代田区神田駿河台に移転
平成26年4月 京都営業所を京都府京都市下京区烏丸通に開設
平成27年3月 中堅・中小企業及び成長企業向け人材支援サービス提供を目的に、株式会社グロウスギアを設立
平成27年7月 ICT利活用で中小・地方企業の販売力強化を目的とする「一般社団法人中小・地方・成長企業のためのネット利活用による販路開拓協議会」設立に発起人、賛助会員として参画
平成28年1月 業容拡大を目的に、ヤフー株式会社と業務提携
平成28年2月 業容拡大を目的に、バイドゥ株式会社と業務提携

 

-上場承認
-, , , ,

Copyright© IPO初値予想 , 2018 AllRights Reserved.