*

上場承認

IPO情報シャノンは2017年最初の新規株式公開で初値パフォーマンス

更新日:

シャノン上場承認、1月27日マザーズへ新規上場

2017年最初のIPOシャノン(3976)は注目度が高い、例年12月最終新規上場銘柄から1月の新規上場銘柄まで相当の期間が空くために投資家が新規投資資金を投入しやすい。過去の例では新年第1号IPO銘柄の初値は高くなりやすい傾向が強い。

東京証券取引所は12月21日、シャノンの上場承認を発表した。上場市場は東証マザーズで売出し株数は15万株、オーバーアロットメント22500株となる。公開規模は2億6000万円と小型案件IPOで、年末年始のIPO空白期間が長かったこと、2017年第1号案件のIPOということもあり好需給で高い初値予想となる。

シャノン(3976)
上場日 1月27日 市場 マザーズ 公募 150000
上場承認日 12月21日 仮条件   1300円~1500円 BB期間 1月11日-17日
公開価格  1500円 決定日  1月18日 申込期間   1月20日-25日
初値 騰落率 主幹事 東洋証券
事業内容:マーケティングクラウドサービスの企画・開発・販売・導入、マーケティングに関わるコンサルティング及びサービス、マーケティングに関わるコンサルティング及びサービス

スポンサーリンク





シャノンIPO

 

幹事証券

引受株数
東洋証券  129,000
SBI証券  7,500
マネックス証券   4,500
みずほ証券   4,500
エース証券   3,000
極東証券   1,500
150,000

-上場承認
-, , , , , , , ,

Copyright© IPO初値予想 , 2018 AllRights Reserved.